1. HOME
  2. お知らせ
  3. 5/14陰陽てい鍼®基礎講座(東京)開催

NEWS

お知らせ

セミナー情報

5/14陰陽てい鍼®基礎講座(東京)開催

5/14陰陽てい鍼®基礎講座 in 東京 開催のお知らせ

臨床経験豊富な講師が陰陽てい鍼®を使った治療法を中心に、鍼灸治療全般について解説します。

コロナ禍以降、東京では新規参加の方向け講座開催を停止しておりましたが、複数の新規お問い合わせがありましたので、この度少人数での開催を再開させていただくことになりました。
陰陽てい鍼®にご興味をお持ちの関東方面の皆様、ご検討くださいませ。

基礎講座の内容もブラッシュアップし、陰陽てい鍼®開発時の目的であった「外科のメスのようなてい鍼」の特徴を生かした、「陰陽てい鍼®外科的施術基礎講座」となっております。
陰陽てい鍼®の基本的な使い方や特徴を学びながら、患者さんの多岐に渡る症状の本質を絞り込み、診やすい状態に整えて、その後の鍼や手技の施術が効果を発揮しやすい状態に導くテクニックを身に付けましょう。

こちらの講座を受講していただくと陰陽てい鍼®をご購入いただけるようになります

日時 令和4年5月14日(土) 14時~ (3時間予定)
場所 杉山和一記念館セミナールーム(江島杉山神社内)
対象者 はり師・きゅう師の国家資格をお持ちの方
講習費 講習費 16,500円(税込)
お申込み ※定員に達したため締め切らせていただきました。ありがとうございました。

ご参加のお申込みはイトウメディカルまで。
お電話、FAXもしくはE-mailでご連絡ください。

さらに鍼灸治療の上達を目指したい方には、後日、実践講座と活用講座にご参加いただき、通年講座へとステップアップしていただいております。カリキュラムについては下のリンク先をご参照ください。

陰陽てい鍼®(商標登録済)

岡西 裕幸先生にご協力いただき、同一素材で陰と陽を分ける独自の形を生み出しました。焼き入れ製法により鉄純度を高めることでさびにくく丈夫になっています。また、光沢が出るまで磨き上げる「鏡面仕上げ」により効果を高めています。

講師:岡西裕幸先生

1990年、はり師・きゅう師免許取得。 1990年中国上海に渡り、上海中医学院にて中医学を学ぶ。その後、2年の治療院勤務、3年半のクリニック勤務を経て開業、臨床研究から「てい鍼」にたどり着き、設計・開発に関わるようになる。また、適切な施術のための診断の重要性に着目し、中国国立上海中医薬大学大学院にて中医診断学を専攻し、学位を取得。現在は高野宮クリニックにて脳神経外科医と連携し、西洋医学の中での中医学及び鍼灸施術の有効性について研究し、臨床に活かしている。

鍼灸学士、中国国立上海中医薬大学 大学院中医診断学専攻 医学修士。 上海中医薬大学附属日本校 客員講師。

中国政府衛生部 世界中医薬学会連合会 理事(中医外科学分野 肛腸病専門委員会)
中国国立上海中医薬大学大学院博士研究生(上海市中西医結合病院 中医外科学 周囲脈管病専攻)

最新記事